golden-ruleのブログ

「楽しいと思える範囲でこだわる」がコンセプトの趣味のブログ。

手作り紅茶スイーツ

前回の記事の続きです。

最初は1つの記事だったのですが、長くなりすぎたので2つに分けました。

飲みきれないアールグレイがあったら、紅茶スイーツを作りましょう♪

 

〇紅茶プリン

 

f:id:golden-rule:20211118234636j:plain

 

明治おいしい牛乳のサイトを見て作りました。

全卵を使うレシピなので卵の味やコクは控えめですが、アールグレイがふんわり香って上品な感じ。

「こうしたほうがいいんじゃないかな」と思って変えた部分もあるので、このブログで紹介しますね。
けっこうな量の茶葉を使うので、早く消費したい紅茶があるときにおススメです。

 

材料(5〜6個分)

〇プリン液

明治おいしい牛乳…520c
紅茶の葉(アールグレイ)…大さじ3
ラニュー糖…80g
卵…3個

〇カラメルソース

ラニュー糖…70g
水…20cc

作り方

①カラメルソースを作る。

小鍋に砂糖70gを入れ、色づくまで弱火にかける。
沸騰して泡立ち、茶色く色づき始めたら鍋を揺すり、全体が茶褐色になったら鍋を火から下ろす。
やけどに注意しながら水20ccを加えて、鍋を揺すりながらなじませて、型に均等に流し入れる。

②別の鍋に牛乳・紅茶の葉・砂糖40gを合わせて、木べらを鍋底にあてて混ぜながら火にかけ、煮立ったら弱火にする。5分ほど煮て紅茶の香りをしっかりと抽出する。

③②を万能ざるで紅茶の葉を押さえつけながら漉す。

④オーブンを160度に予熱開始し、お湯を沸かしておく。

⑤ボウルに卵を割りほぐし、残りの砂糖40gを加えて泡立てないように混ぜる。粗熱を取った③を少しずつ加えながら混ぜる。

⑥⑤を万能ざるで漉す。

⑦⑥を①の型に均等に流し入れる。ボウルに注ぎ口がないなら、お玉を使ったほうがやりやすい。

⑧天板に⑦を並べ、熱湯を2cmほどの深さになるように注ぎ、160℃のオーブンで20~30分蒸し焼きにする。(※)

⑨竹串を刺して、べっとりと付いてこないようなら完成。
冷蔵庫で冷やす。

(※)熱湯を張った天板を水平を保ちつつオーブン運ぶのは少し怖いので、オーブンに入れてから注いでもいいかもしれません。

また、焼く時間はもとのレシピのまま書きましたが、竹串を刺してはべっとりと生地が付き、あと10分、あと5分…と何度もオーブンに戻し、合計50分は焼いたと思います。
なので、レシピより長く焼いたほうがいいです。

 

もとのレシピはこちら。

www.meijioishiigyunyu.com

 

〇紅茶のアイスボックスクッキー

 

f:id:golden-rule:20211205165239j:plain

 

アイスボックスクッキーはいいレシピが至るところで紹介されているので、作り方は割愛します。

薄力粉120gに対して茶葉大さじ1を加えました。

ちょっと多すぎたかな…茶葉だらけですね。小さじ2で良かったかもしれません。
使い切ってしまいたいという気持ちのこもったクッキーができました。

紅茶クッキーのレシピってよく、「茶葉を刻んでおく」と書いてありますが、日東紅茶アールグレイは茶葉が細かめなのでそのまま使えます。

薄力粉と混ぜて万能ザルでふるったら、茶葉が少し大きかったのかザルの目を通らなかったので、ふるった薄力粉にあとからよく混ぜ込むようにしたほうがいいですよ。

 

今回はプリンもクッキーも日東紅茶アールグレイを使用しました。
どこにでも売ってありますが、Amazonだととてもお安いのでオススメです。