golden-ruleのブログ

「楽しいと思える範囲でこだわる」がコンセプトの趣味のブログ。

AHMAD TEA(アーマッドティー) クラシックセレクション①

 

f:id:golden-rule:20210715230134p:plain

 

ダージリンアールグレイイングリッシュブレックファースト、イングリッシュティーNo.1の4種が5袋ずつ入ったアソートタイプ。

特に気に入ったやつをリーフで買おうと思い、試しに買ってみました。ティーバッグはリーフで買う前段階にいいですね。

 今回紹介するお茶↓

 

イングリッシュティーNo.1

特に楽しみにしていたのがこの「イングリッシュティーNo.1」。
アーマッドオリジナルの商品です。

“渋みとコクのバランスのとれた茶葉に、さわやかなベルガモットの香りを隠し味につけています。やわらかな香りと、ほのかなこうばしさを含んだ甘いあと味が自慢の紅茶です。ストレートでもミルクティーでも。“…公式サイトより


ベルガモットの香り」とありますが、それってアールグレイも同じでは…?と思っていたので、アールグレイとどう違うのか、飲み比べるのがずっと楽しみだったんです、これ。


結論から言うと、「いい香りの紅茶が飲みたい。でも、アールグレイは苦手。」っていう人にすごくおすすめでした! 

 

f:id:golden-rule:20210721172228p:plain
 

暑いのでアイスティーに♪
納得が行くまで何回も淹れて、個人的にベストな配分にたどり着きました。下は2人分です。

  1. ティーパックを3つ用意し、切っておく。
  2. ティーポットにお湯を入れて、電子レンジでチンする(600Wで2分ほど)。
  3. やかんでお湯を沸かす。
  4. お湯が沸いたらティーポットに270cc〜280cc注ぎ、ティーパックを入れてフタをし、3分蒸らす。この間に、 2つのグラスに氷を90gずついれておく。(※) 
  5. ティーパックを取り出し(この時パックは絞らないこと)、紅茶を軽くかき混ぜて濃さを均一にする。
  6. 紅茶を2つのグラスに均等に注ぐ。

(※) お湯や氷を量るのがめんどうなら、目分量で「ストレートで飲む時の半分のお湯」を注いで、蒸らして、十分冷えるまで氷を足していくといいです。

お湯の量は、お菓子やケーキと合わせる時は270cc、紅茶だけ飲む時や渋いのが苦手な人に出す場合は280ccがオススメです。


アールグレイと同じベルガモットの香りですが、アールグレイよりも穏やかでずっと飲みやすい。フレーバーティーは苦手な人でも、これなら飲めるのではないかなと思います。
水色は赤みがかったブラウンで、けっこうきれいなので、飲みやすさと水色の美しさ的に来客時にもいいですね。
これは後日で100パック入りをアマゾンで買いました。多いので友達や親せきに配ってます(笑)
水出しにしたり、色々とおいしい淹れ方を研究したいです。

 

(※アーマッド公式ブログ 

こだわりのハウスブレンド~イングリッシュティーNo.1~ | 公式ブログ | AHMAD TEA

によると、イングリッシュティーNo.1の茶葉はセイロンティーとインドの茶葉のブレンドです。)

 

アールグレイ

f:id:golden-rule:20210920140926p:plain



イングリッシュティーNo.1と同じように淹れました。

渋みと香りのバランスが良い。香りはおさえめですが、きつい香りのアールグレイは苦手なのでこれくらいでも充分です。
渋みはそこそこありますが、飲みやすい範疇です。イングリッシュティーNo.1と同じ水量で淹れたので、アールグレイはイングリッシュティーNo.1より渋みが少ない茶葉が使用されているのでしょうか?

なにより、アールグレイにありがちな胡椒っぽい香りがしないところが好印象!
アールグレイってベルガモットで香り付けした紅茶のはずなのに、なぜか胡椒っぽい香りがする時があるんですよ…。

水色は赤みがかった濃い茶色、アンバーブラウンと言ったらいいのでしょうか。

穏やかなフレーバーティーが好きな方にオススメですが、もしお菓子作りに使うなら、もっと香りの強い茶葉を使ったほうがよさそうだと思います。
日東紅茶アールグレイとかがお菓子作りにはオススメです。

長くなったので、ダージリンイングリッシュブレックファーストは別記事で挙げます。

 

アーマッドの紅茶はアマゾンやロハコで購入できますよ。